ひらめきと感動の世界

日本の志を育む 学問の力 ~昌平坂学問所~

  • HOME »
  • 日本の志を育む 学問の力 ~昌平坂学問所~

何のために学ぶのか。学問とは何なのか。
江戸時代、東大の前身であり幕府の肝入りで建てられた昌平坂学問所(昌平黌)。そこで学んだ人々はその後、各地で多くの功績をのこした。

徳川家康に抜擢された林羅山、西郷隆盛や幕末の志士たちに大きな思想的影響を与えた佐藤一斎。佐藤一斎の教えをうけた佐久間象山と、その弟子の小林虎三郎、吉田松陰。
彼らは何を学び、どう行動していったのか。

京の都に学習院をつくった光格天皇の功績も紹介しながら、江戸から連綿と続く「日本の学問」について、国史研究家の小名木善行氏に語っていただきます。

 

ひらめきと感動の世界 主旨

PR

Copyright © ひらめきと感動の世界 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.